枝川長寿サポートセンター(枝川地域包括支援センター)
トップページ > 枝川高齢者在宅サービスセンター > 枝川長寿サポートセンター(枝川地域包括支援センター) > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/08/02 18:21

【ロコモティブシンドローム】って、何?

みなさんは

【ロコモティブシンドローム】

という言葉を聴いたことはありますか?

 

ロコモティブシンドローム(通称:ロコモ)は

日本語で【運動器症候群】といいます

 

運動器(骨・関節・筋肉)が衰え

日常生活の「立つ」「歩く」などの

動作が困難になる状態のことです。

 

全国で、ロコモティブシンドローム

予備軍も含めて約4700万人

70歳以上では95%以上の方々が

当てはまると言われています。

 

運動器の障害は

突然起こるわけではありません。

 

加齢による機能低下

生活習慣の積み重ねによって

ひそかに進行し

症状が進行すると

やがて要介護状態になってしまいます。

 

 

では!!!

ロコモティブシンドロームにならないためには

どうしたらいいのでしょうか?

 

ロコモ対策として必要なことは

まず自身の運動器の状態を確認することです。

機能に問題がないか

普段の動作から確認してみましょう。

 

7つロコモチェック!!!

①片足立ちで靴下がはけない

②家の中でつまずいたり、滑ったりしてしまう

③階段を上がるのに手すりが必要

④家のやや重い仕事が困難

⑤2kg程度の買い物をして持ち帰ることが困難

⑥15分続けて歩くことができない

⑦横断歩道を青信号で渡りきれない

 

1つでも当てはまればロコモの心配があります!

 

江東区では様々な

介護予防事業が展開されています。

 

ロコモ対策をしてみたい!という方は、

是非、枝川包括に御相談ください♪

 

ページの一番上に戻る